スポンサードリンク

新垣結衣、体調不良を乗り越えファンの待つ舞台へ

新垣結衣さん。さわやかです。根性入ってます。

「エリカ様騒動」の真っ最中だけに際立ちます!

直前の一週間で50本の取材をこなす。
午後3時、プレス向け完成会見直前に腹痛でダウン!病院直行。
午後6時半、「ファンに挨拶したい」と鎮痛剤を打ち不調の体を引きずって舞台に上がる。
舞台では笑顔を絶やさず、ふられた質問にも内容のある答えをハキハキと返す(終了午後6時50分)。

まさに”主演女優”の鑑(カガミ)!

ちょっと持ち上げすぎ?
でも新垣結衣さんにしたら、「当たり前のことをしたまで」なんでしょう。

その「当たり前のこと」が、
今はなぜか嬉しい。

好きになりそう・・・。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000005-oric-ent
[Yahoo!]*抜粋
 ガッキーはファン想い? 人気若手女優・新垣結衣が10月2日(火)、都内で主演映画『恋空』の完成披露舞台挨拶に笑顔で登場した。実は、直前に行われたマスコミ向けの完成会見で、過労による腹痛でダウンするアクシデントに見舞われ、急遽欠席となったが、「ファンに挨拶したい」という強い思いが、新垣を舞台に立たせた。

さんまのまんま1000回たけしと祝杯

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070228-00000025-dal-ent

第1回登場の榊原郁恵(当時26歳)がもう47だもんねー。
「笑っていいとも!」に遅れること3年の1985年スタート。
なにはともあれ1000回おめでとうございます♪

この20数年、強力にバラエティ・お笑い系カテゴリを牽引してきた3人、たけし、さんま、紳助(※さんまと紳助は同学年&親友)。
「おれたちひょうきん族」に代表される80年お笑いブームを知るオヤジ世代には感慨深いものがある。
特に「ひょうきん族」でバカやってた2人が久々にトークするんだから、必見だね3月23日。
(敬称略)
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。