スポンサードリンク

セックスロボットと恋に落ちる?


現在の技術じゃどんなに精巧(性交)に作ろうとそれは「南極3号」や「ミス大阪」の延長線上の産物でしかない。もっとも、「亡くした妻の完全なレプリカ」と「擬似性交マシン」とでは求められるモノがまるで違う。前者は今世紀中には不可能。後者は・・・まぁ妥協点はいくらでもあるか。
近い将来、桁違いのAI技術を詰め込んだアンドロイドが誕生したとして、さらに手の届く価格帯(高級外車1台分?)で提供されたとして、恋人や配偶者とは呼べない”彼女(彼)”を、あなたは買いますか?


バグダッドの市場での連続自爆攻撃、実行犯は知的障害のある女性



続報です。
本当に許しがたい。
彼らに信教を語る資格はない。

非戦闘員を無差別に殺し続けることはもちろん、障害者を「道具」として使う、その行為のどこに大義があるというのか。
無差別大量殺戮は許せないが、それでも「聖戦」を信じるというなら、せめて実行犯は自らの意思で教義のために死のうとする者でなければならない。
市場を標的に決めた者、障害者を選んだ者、リモコンのスイッチを押した者・・・もはや狂信者ですらない、ただの殺戮マニアだ。

バグダッドの2つの市場で爆発、死者60人超



遠い異国の出来事とはいえ、毎度毎度悲惨なハナシです。
しかも日本と無縁ではないイラクでの惨事。
遺体はバラバラで、何人亡くなったのか解るまでに時間がかかる。
「買い物客で賑わう2つの市場」というのがさらに痛ましい。
”安定しつつある”とはいうものの、あとどれほどの市民の血が流されなければならないのでしょうか。

<マイクロソフト>ヤフー買収提案の背景に「危機感」

4兆ですか・・日本の一般会計の20分の1^^;
ヤフーの株価は下落傾向だったわけですが、60%の反騰でホクホクしてる人もいるんでしょうな。

それにしてもマイクロソフトの危機感は痛々しいほどです。2007年12月の米国内検索シェアはグーグルの60%前後に対し2位のヤフーが20%強、3位マイクロソフト(MSN)10%前後。(ヤフーが強いのは日本だけのようで・・)
自分たちが世に送り出したWindowsがそうであったように、このままではグーグルの「絶対王政」は避けられない。広告収入をゴッソリ持っていかれるだけならまだしも、圧倒的なデータの蓄積を背景にした、サービスという名の新たな「支配」への恐怖もあるでしょう。セカンド・オピニオン自体の消滅は、利用者にとってもありがたいことではないはずです。

ヤフーのコメントはまだのようですが、反攻なるか、巨人・MS!


headlines.yahoo.co.jp
 【ワシントン斉藤信宏】米マイクロソフトは1日、インターネット検索大手ヤフーに対して総額446億ドル(約4兆7000億円)で買収提案したと発表した。現金と株式の組み合わせによる買収提案で、ヤフーの株式を1株当たり31ドルで購入する意思があると伝えた。
 ナスダック市場での1月31日のヤフー株の終値に62%の上乗せをした価格にあたる。買収提案の発表を受けて、ナスダック市場の時間外取引でヤフー株は急騰、60%近く上昇して29.95ドルをつけた。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。