スポンサードリンク

郭晶晶「ライバル?カナダのデブ」、飛び込み界の女王の暴言に批判集まる

中国が世界に誇る五輪種目は数多いが、この飛板飛び込みもその一つ。「ドリームチーム」と呼ばれる中国ナショナル・チームにあって女王として君臨するのが”美”と”実力”を兼ね備えたこの郭晶晶(グオ・チンチン、グ・ジンジン)。(動画はこちら
しかし24日閉幕した「第16回飛び込みW杯」ではシンクロ飛び込みで圧倒的な強さを見せつけ金メダルを獲得したものの、個人ではミスを重ね優勝を逃してしまった。この会見での態度がその結果による不機嫌さからのものなのか、日頃から高慢なのか・・まあ記事になるんだからいつもはマトモなんだろう。
彼女がどんな選手なのかはこの記事に詳しい。今やバスケットボールの姚明、ハードルの劉翔と並ぶスーパースターで、稼ぎ出す額も億単位だそう。(画像はこちら
たしかに美人ではあるが、好みは割れる”エキゾチック”な顔立ち。母国開催の五輪、しかも金メダルが確実視されてるとあれば、今からストレスは相当なもんだとは思うけど、それを克服してこその「女王」なんだから、本番までには機嫌なおしてね。(違うか)

ブライズ・ハートリー(Blythe Hartley)の動画(彼女は3番目?)
ユリア・パハリナ(Yulia Pakhalina)Google画像

headlines.yahoo.co.jp
2008年2月25日、華商報は中国の美人アスリート、「女王」郭晶晶(グオ・チンチン)が傍若無人な態度で総スカンを食っていると報じた。
23日、飛び込みワールドカップ後の記者会見に応じた郭だが、気乗りしないのか、壇上で携帯電話をいじくったり、ネックレスのひもを直したりと内外の記者を前にやりたい放題。「五輪でのライバルは誰ですか?」との問いには、「ロシアのユリア・パハリナとカナダのデブ(ブライズ・ハートリー)」と答えるなど傍若無人な態度で記者たちをあ然とさせた。

康生号泣!また負けた北京崖っぷち…フランス国際柔道

またリネールかっ!
9日の記事で「オール1本勝ち」をお願いしたのに・・・。
それも3位決定戦で1本負けとは。”最後の五輪”とは言ったけど、まだまだ衰える年齢じゃないはず。経験と円熟でさばいて欲しかったなー。やっぱ「100キロ超」にムリがあったんだろうか。
五輪直前に結婚して、二人並んでテレビで五輪観るのだけはかんべんしてくれ〜。(康生の動画

headlines.yahoo.co.jp
 ◆柔道 フランス国際最終日(10日・パリ・ベルシー総合体育館) 康生、北京五輪出場へ痛恨の敗戦−。男女7階級が行われ、男子100キロ超級の井上康生(29)=綜合警備保障=は、準決勝で昨年のリオデジャネイロ世界選手権覇者、テディ・リネール(フランス)にゴールデンスコア方式の延長戦の末に優勢負け。3位決定戦は一本負けし5位に終わり、五輪代表権争いはがけっぷちに追い込まれた。男子100キロ級の穴井隆将(天理大職)は準決勝で敗れたが3位、90キロ級の泉浩(旭化成)、81キロ級の小野卓志(了徳寺学園職)は2回戦敗退。女子70キロ級の上野雅恵(三井住友海上)は準決勝敗退も3位。

井上、厳しい表情崩さず 柔道フランス国際開幕

井上康生の内股」といえば、そのナタのような切れ味は同階級の競技者を震え上がらせたものです。アテネ五輪前までは、一体どこまで勝ち続けるのか・・というぐらい強かった。
そのアテネでまさかの”メダルなし”に終わった翌年2005年の大胸筋断裂。長いブランク後、国際舞台では2007年2月のフランス国際で復活優勝するものの、同年9月リオの世界柔道では失速し5位。「シドニー以降アテネ前」を知るファンにとっては非常に歯がゆい状況ですね。
リネール(18)はじめ国際柔道は若年層が台頭してきてますし、年齢的にも最後の五輪でしょう。新妻・亜希夫人も現地入りしたそうですし、ここは「オール1本勝ち」でスカッと表彰台のてっぺんに上ってほしいところです。

www.iza.ne.jp
 【パリ=森田景史】北京五輪の代表選考資料となる柔道のフランス国際が9日から始まる。8日にパリ市内で行われた最終調整では、10日の男子100キロ超級に出場する井上康生(綜合警備保障)や9日の女子52キロ級に臨む中村美里(東京・渋谷教育学園渋谷高)らが軽快な動きで本番に備えた。

世界記録はもう生まれない?「スポーツ選手は肉体の限界に近づいている」、仏研究報告


個々の種目別に「限界説」を耳にすることはありましたが・・・そうですか、すでに「伸びシロ」はほとんど残されていないってことですね。
「記録が出ないから”目盛”を細かくしちゃおう」ってのも情けないハナシではありますが、記録競技での新記録はある意味勝敗以上の「華」ですからねー。競技団体はともかく、スポーツを国威発揚に利用する国などは、「ドーピングなしのサイボーグ育成」なんかにチカラを入れてきそう。もうやってるでしょうが。日本はそのへん弱いですね。あくまで”いい素材”の発掘が基本。もちろん”サイボーグ化”がいいこととは思いませんが。

どこかにいませんかね、「ケンシロウ」や「バキ」。

新時津風親方 けじめの電撃謝罪

9日に部屋を継承し、翌10日の始発で新潟に向かい、朝9時前には斎藤さんの実家に着いていたわけですから、よほど「なにをするにもこれが最初」と決めていたんでしょう。

「潰せ!」「協会解体!」といった逆風の中部屋を継いだわけですから、これはもう弟子たちと一緒に泥にまみれて再興をはかるしかない。
33歳という若さはまわしをつけて土俵に下りることでそれを可能にするかもしれない。

しかし大相撲を取り巻く状況には、相変わらず厳しいものがあります。
今回の事件の決着。朝青龍問題。上位を占める外国人力士。新弟子の減少・・・。

エラい方々に、新親方の”ひたむきさ”は伝わってるんでしょうか?
「本来つぶれる部屋を救済してやった」とか「これにて一件落着!」とか思ってるなら、近いうちまた「XX問題」やら「○○事件」やらに頭を悩ませることでしょうな。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071011-00000007-dal-fight
[Yahoo!]*抜粋
 時津風部屋を継承した時津風親方(33)=元幕内時津海=が10日、6月に部屋でのけいこ後に亡くなった斉藤俊さん(序ノ口・時太山、享年17)の遺族を訪れ謝罪した。始発電車で斉藤さんの実家がある新潟市へ向かい、昼には帰京する強行軍。東京・墨田区の時津風部屋に戻った親方は、遺族へのおわびと、部屋の立て直しを誓った。新師匠としての初仕事で“けじめ”をつけた。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。