スポンサードリンク

<ハンドボール>観客1万余…両チームサポーターも「活躍」

あと3点っっ!

すごい試合でした。昨年の、無効となった五輪予選が5点差。18年間勝ち星の無かった相手に大健闘です。大健闘だけに悔しいですが。

粘り強いディフェンスは相手のシュートコースを狭め、GK坪根の好セーブを呼び、狙い通り203cmスーパースター、ユン・ギョンシン(ドイツブンデスリーガ・フランクフルト)も2得点に封じました。後半の日本の猛追に、韓国放送席もかなりエキサイトしていたようです。(動画集

五輪出場権はもちろん大事ですが、長年「中東の笛」に抑圧されてきた選手・関係者にとって、アジアで「正常な試合」ができたことは非常に大きな収穫だったんではないでしょうか。
この1試合で、アジア連盟やら競技のメジャー化やら、全てが好転するのは難しいでしょうが、日本の関係者には是非このチャンスを活かして欲しいですね。もちろん、最終予選で北京行きが決まれば言うことありません^^


headlines.yahoo.co.jp
 異例のやり直しとなったハンドボール北京五輪の男子予選再試合は30日、東京・国立代々木競技場で行われ、日本代表は韓国代表に25−28で惜敗した。中東諸国に有利な判定を下す「中東の笛」で不本意な試合を続けた両国の共通する願いは、フェアプレーの実現だった。試合後、両国選手は固く握手を交わした。一連の騒動で一躍メジャースポーツとなったハンドボール。日本代表はサポーターにも後押しされ、世界最終予選に向けて新たなスタートを切る。

<ハンドボール>日本、プレーに余裕なし 予想以上の完敗

ハンドボール女子日本代表、残念でした。
無理もないっちゃ無理もないです。

日頃注目されない競技がいきなり観衆4000!
しかも五輪出場のかかる一発勝負の国際戦。相手は強豪・韓国。
のびのびやれって言うほうがムリ。

初めてハンドボールに関心持った人たちが、「なぁんだ、ダメじゃん」とか思わなければいいんですが・・。

世界最終予選はもっと厳しいとか。AHF(アジア連盟)からの風当たりもさらに強まりそうな情勢。

さしあたり、明日の男子を応援しよう!
「筋肉番付」以外の宮崎大輔も初めてだし^^;
(ハンド動画はこちら


headlines.yahoo.co.jp
 ○韓国34−21日本●(前半18−12、後半16−9)
 昨年12月の女子世界選手権で韓国は6位、日本は19位。実力差はいかんともし難い。しかし、韓国の林英チョル監督は「勝因は精神的な部分」と断言した。翻れば、それが日本の敗因と言える。
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。