スポンサードリンク

<サッカー>日本、中国を降し待望の1勝 東ア選手権第2戦

この試合のレフェリーは北朝鮮と韓国。開いた口がふさがらん。順位争いの対抗国の審判が笛を吹くとは。案の定、日本の前線への飛び出しはことごとくオフサイド。肘打ち、バックチャージ、アフターチャージ、跳び蹴りなどのラフプレーはスルー。最後は実況も「200%中国のファウルです」となかば放心状態でつぶやいていた。
協会は大会運営に影響力を発揮できないなら、今後こうした環境に代表チームを放り込むのはやめるべきだ。これは決して通常の「アウェー」ではない。「逆境での勝利にこそ価値がある」という意見には賛成だが、それはあくまで試合が”スポーツ”として成立している場合のハナシ。協会の”弱さ”のツケを払うのは選手(の肉体)なんだから。
こんな試合を見せられると「とにかく無事帰ってきてくれ」としか思えん。
安田ぁ、大丈夫か〜〜〜TT(代表動画

headlines.yahoo.co.jp
 【重慶(中国)安間徹】サッカーの東アジア選手権は20日、男子の第2戦が当地で行われ、日本は山瀬功のゴールで中国を1−0で破った。中国との対戦成績は日本の11勝4分け7敗となった。地元・中国は2連敗で連覇が途絶えた。残る1試合は、韓国と北朝鮮が対戦。
 日本は23日に韓国との最終戦を迎える。
 また、女子は21日に第2戦の2試合があり、初戦で優勝候補の北朝鮮に逆転勝ちした日本は韓国と戦う。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/85089716
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。