スポンサードリンク

“35歳”羊水は一体どうなるのか

なんつーかもう大騒ぎですね。もちろんケジメは必要ですが、ちょっと過剰反応じゃないですか?
んじゃー実際のトコ35歳超えた母体ってどーなの?ってのがこの記事です。まあ”腐る”って表現は論外ですが、赤ちゃんが(羊水の中に)ウンチをしてしまうことによる「羊水混濁」は起きやすいようですね。あながち「医学的に全く無関係」なワケでもないようで。「腐る」というよりは「(羊水を)最後までキレイに維持する確率が落ちる」ってかんじでしょうか。もっとも倖田さんの発言は「羊水混濁」を意図したものではなさそうなんで、もちろんマズいんですが。
いやほんと、言葉ってのは怖いっす。

news.www.infoseek.co.jp
 35歳を越えたお母さんの羊水は、ホントのところどうなるのか――。
 倖田來未がラジオ番組で発言した「35歳羊水腐る」説。本人はふざけ半分のつもりだったようだが、活動自粛に追い込まれるなど深刻なダメージを受けた。
 それでは、「羊水は腐る」のだろうか。「らら女性総合クリニック」の松村圭子院長が言う。
「生まれる前の赤ちゃんがウンチをすると羊水が濁るケースがあります。羊水混濁という症状ですが、ウンチが赤ちゃんの気管に入ると危険なため、“仮死”の兆候のひとつと考えられています。これを“腐る”と誤解したのかもしれません」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。