スポンサードリンク

<中国製ギョーザ>不満分子の可能性も…中国が「故意」示唆

ほらほらほらほら〜。政府筋がこういうこと言うときって、かなり捜査範囲がせばまってるときだよねー。遠まわしな「可能性を排除できない」って表現だけど、「反動分子を特定しつつある」って言ってんのと同じでしょう。
ジクロルボス混入製品が製造された'07年6月とメタミドホス混入製品が製造された'07年10月。その両期間、現場に関わることができたのは誰なのか。内部犯か外部犯か。そもそも同一犯なのか。単独か複数か・・・。
中国当局の焦燥感も頂点でしょう。明日か明後日には衝撃の真相が発表されるかもですね。


headlines.yahoo.co.jp
 【北京・浦松丈二、石家荘(中国河北省)大谷麻由美】中国製冷凍ギョーザの中毒事件で、中国国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副総局長(次官級)は6日、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が中国側の生産過程で混入した可能性は低いとした上で「日中関係の発展を望まない一部の分子が極端な手段を取った可能性を排除できない」と述べた。北京で日本政府の調査団に明らかにした。
この記事へのコメント
面白いのか?俺ははっきり言ってつまらんね。
この新聞記事のコピーブログって
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。