スポンサードリンク

<中国製ギョーザ>新たに6パック外側から殺虫剤検出

同じ製造日ですか・・・こりゃますます「確信犯」的色合いが強くなってきました。しかも問題の工場では直前に「40歳以上の従業員」の大量解雇があったようで、会社に憤りを持つ元社員は多いとか・・。
現地の調査も、そろそろ警察による「捜査」に切り替えるべきじゃないでしょうかね。「食の信頼」を五輪前に回復するために、中国当局も早いとこケリつけて国際社会にアピールしたいところでしょう。あー、またまた「スピード裁判&スピード処刑」なんだろうか。

headlines.yahoo.co.jp
 中国製冷凍ギョーザを食べた兵庫県高砂市の親子3人が中毒になった事件で、同県警は3日、食品輸入商社「双日食料」(東京都港区)から回収した同じ製造日(昨年10月1日)の「中華deごちそう ひとくち餃子」6個のパッケージの外側から、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を検出したと発表した。高砂市と千葉県の中毒事件の商品以外からの検出は初めて。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

毒入り餃子事件を想う
Excerpt: 中国製の毒入り餃子で重篤になった幼児が、快方に向かっていると聞き安堵している。後遺症の心配があるそうだが・・
Weblog: ケセラセラ〜
Tracked: 2008-02-04 12:45
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。