スポンサードリンク

Rソックス快勝、2勝3敗に=ベケット力投、踏みとどまる−ア・リーグ優勝決定S

神様!ベケット様!
またまた快投です!
8回を5安打11奪三振1失点。このシビれる状況(3敗)で堂々たるピッチング。109球(ストライク68%)の理想的な効率で中継ぎ陣を休ませ、見事エースの責任を果たしました。
守護神パベルボンはピリッとしませんねぇ。ストライクが半分(12/22)、1安打1四球です。調整要ですな。

対するインディアンスのエース・サバシアですが、6回まで2失点で試合を作ったものの、7回につかまり降板。前回(対ベケット)の雪辱はなりませんでした。制球難(ストライク63%)の中、力投したとは思いますが。

なんにせよこれでレッドソックスはボストンに帰れます。21日(日)の先発は”おっさん”シリングか中4日の松坂か。いずれにせよ「負けたら終わり」は変わりません。しかし残念ながらこの逆境に立ち向かえる気持ちの強さが、ベケットを除く3本柱からは感じられないですねぇ。
もちろんフェンウェイ・パークのファンの前で、相手の胴上げを見たくない気持ちは皆同じでしょうが・・・。

次戦のインディアンスはサバシアとの2枚看板、カルモナが来るでしょう。19勝エースですが前回は4回4失点と良くありません。
せっかく松井稼が待ってますんで、粘って第7戦まで持ち込みましょう!


http://sports.yahoo.co.jp/news/20071019-00000083-jij-spo.html
[Yahoo!]*抜粋
【クリーブランド18日時事】米大リーグのプレーオフは18日、当地でア・リーグの優勝決定シリーズ(7回戦制)第5戦を行い、松坂と岡島のレッドソックス(東地区1位)が10年ぶりのリーグ制覇に王手をかけているインディアンス(中地区1位)に7−1で快勝し、対戦成績を2勝3敗として踏みとどまった。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

B・レッドソックスvsC・インディアンス リーグ優勝決定戦1
Excerpt: メジャーリーグのポストシーズンもいよいよ第二ステージ。 地区シリーズからリーグ優
Weblog: 雨の日の日曜日は・・・
Tracked: 2007-10-19 21:20
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。