スポンサードリンク

ヤンキース敗退! 米大リーグプレーオフ、地区シリーズ

ヤンキース負けました!4−6インディアンス
2年連続地区シリーズ敗退です。トーリ監督の去就が心配です。

ヤンキースは先発・王建民が初回2失点。2回に早々と降板すると代わったムシーナも4回までに4失点(うち2点は王の自責点)、序盤で主導権を失った。
打線も12安打を放ちながら4得点。しかもうち3点はソロホームラン。松井は6番DHで先発するも2四球無安打とパッとせず。
今年前半のヤンキースそのままの、”投壊”による痛い敗戦でした。
(”投壊”にはもちろん井川も含まれます^^;)
王建民は今季、苦しい投手陣を一人で引っ張ってきた感があるだけに、初戦に続く乱調は自分が一番悔しいでしょう。

さあ4強が出揃いました。
ワイルドカードからの勝ち抜けは松井稼のロッキーズのみですが、ここ数年Wカードからワールドチャンピオンも出てますんで、松井稼vs松坂の黄金カード実現のためにもがんばってもらいましょう。

Rソックスのインディアンス対戦成績は、7戦のみですが5勝2敗と勝ち越してます。ベケット、松坂ともに1勝1敗ですね。まぁ要するに「油断なく立ち向かえる相手」といったところでしょうか。

リーグ優勝決定シリーズ、ア・リーグは13日、ナ・リーグは12日から開幕です(4先勝式)。しばらくは国内CSに集中ですかねw


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071009-00000502-yom-spo
[Yahoo!]
 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手は8日、インディアンスとの地区シリーズ第4戦に「6番・指名打者」で先発出場し、2打数無安打2四球だった。
 二回の第1打席は四球、三回の第2打席は一ゴロ、五回の第3打席は遊飛、七回の第4打席は四球。
 試合はインディアンスが6―4で勝利、対戦成績を3勝1敗として、リーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。