スポンサードリンク

川内氏、未だ怒り収まらず…「おふくろさん」セリフ騒動

Yahoo!ニュース

「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした 今ではできないことだけど しかってほしいよ もう1度」と曲の冒頭で語りかける”バース”といわれる部分。
名曲「おふくろさん」にこのバースをくっつけてコンサート等で歌い始めたのが30年ほど前。
川内先生がそのことを知ったのが約10年前。
先生のお怒りが表面化したのが前回の紅白後。

森さんサイドにも「オレの曲」という驕りがなかったと言えばウソになるだろうが、せめて一言断っていればこんなことには・・。
”あいさつ”を怠ったがためのしっぺがえしですかな。

しかし大先生、完全拒絶はいかがなものかと。
先生の名曲があればこそ、はもちろんそーなんですが、
「森の歌唱」がここまで”国民歌謡”に育て上げたって事実に、
あまり背を向けてばかりでは先生の看板にもつまらぬ傷が・・・。
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。